ネットのトラブル駆け込み寺 探偵社タイム

zv4sw8ph.com 03-4510-8524 0345108524に個人情報を伝えた際の正しい対処法とは?
2017-08-13 14:05:18

業者電話番号:1860345108524に電話した際の危険度診断と詳細情報

 

業者電話番号:03-4510-8524に電話した際のリスク診断結果は?

 

危険度:caution電話は危険です!

要注意業者の詳細はこちらです


一部URL:zv4sw8ph.com
業者電話番号:1860345108524
業者電話番号:03-4510-8524

メール本文例(一部抜粋)
【御登録完了】
お客様の「通信情報」「携帯端末情報」を安全に保存しました。

※注意※
ご使用の端末に利用料金が発生しておりますので以下をご確認ください。

お客様の申し込みにより365日間定額サービスを携帯端末に提供しました。
通常料金¥300,000円のところ
★只今キャンペーン期間で割引適用中★
 ¥150,000円−
キャンペーン期間内(当日中)にご精算下さい

会員ID: ******* ←必ず控えてお問い合わせ下さい。

問い合わせ先
1860345108524

※誤作動登録、18歳未満者登録の場合は、登録から24時間以内の営業時間内にご連絡ください。登録より24時間以内に連絡が無い場合は誤作動登録の場合でも精算頂きます。

≪注意≫
ご連絡いただけない方は請求書を発送します

 電話受付時間:24時間

悪質な業者は実在する会社名を詐称している場合もあります。
実在する同名の会社、業者、団体とは一切関係ございません。



困ったときのサポートメニュー

架空請求業者に折り返し連絡してしまうと、あなたの「個人情報」を聞き出され、「お金を支払って和解することがベストな問題解決方法である」かのように巧みに誘導されてしまい、「だましやすい人間としてカモリストに登録」されて横流しされてしまう危険性が高まります。
気がかりなことやご不安なことがある方は、ネットのトラブル駆け込み寺の無料相談をご利用ください。

ネットのトラブル駆け込み寺では無料電話相談を承っております

 

電話問い合わせ
11:00〜21:00

ネットのトラブル駆け込み寺の無料メール相談フォームはこちらです

 

メール問い合わせ
お問い合わせフォームは24時間365日受付!

不審なメールや怪しいSMS・メッセージ等の、いわゆる迷惑メールと呼ばれるものにはいくつかの特徴が見受けられます。
まず第一の特徴としては、迷惑メール本文の中に身辺調査・有料コンテンツ・料金未納・至急連絡・退会処理・訴訟手続き・強制執行・和解を希望なら連絡を、などの単語がちりばめられているケースが多いです。
次に第二の特徴として、当たり前の話ではありますが、迷惑メールを送信している業者は、『我々は迷惑メール送信業者です』・『我々は架空請求業者です』とは名乗りません。
当然、電話で連絡をして問い合わせてみたとしても、『我々は迷惑メール送信業者ではありません』・『我々は架空請求業者ではありません』と言われます。
大切なのは、状況を冷静に見極める判断力だと言えるでしょう。



迷惑請求画面の削除方法

いま、あなたがネットのトラブル駆け込み寺の注意喚起記事をご覧になっていらっしゃるという事は、すでに何かしらのネットのトラブルに巻き込まれてしまっている可能性が高いと言えます。
サイトにアクセスした端末の画面に、登録完了画面が表示され続けてしまい、情報を詐取されてしまう様なご相談例も増加しています。
そこで、応急措置にはなりますが、そのような悪質なポップアップ画面の消し方をご紹介いたします!
OSや機種によっては若干の違いはありますが、現行機種のスマートフォンやタブレットであれば、ほぼ同じかと思います。

androidの場合はこちら

 

メニューボタン(■(四角形)が縦に3つ並んでいるボタン)から【設定】を選択
 ↓
設定内の【アプリ】をタップ
 ↓
アプリ内の【Chrome】をタップ
 ↓
Chrome内のキャッシュ欄【キャッシュを消去】をタップ

iOSの場合はこちら

 

ホーム画面から【設定】をタップ
 ↓
設定内の【Safari】をタップ
 ↓
Safari内の【履歴とWebサイトデータを消去】をタップ
 ↓
【履歴とデータを消去】をタップ


無事に画面は削除できましたでしょうか?
請求画面やポップアップ画面を消しただけでは、サイトにアクセスした事実や誤作動登録の事実が消えるわけではありませんが、一旦落ち着いてご自身の現状を把握するきっかけになれば幸いです。


本日のトピックス

スタッフのマル秘情報や特殊詐欺被害を未然に防ぐための方法などを不定期更新しています!

ネットのトラブル駆け込み寺 探偵社タイムの悪質詐欺被害対策コラム13
警察庁の最新の発表によりますと、平成26年の特殊詐欺全体の認知件数及び被害総額は、前年同期に比べておよそ1割ほど増加しているとの事です。
被害総額は、振り込め詐欺約376億円(警察官等をかたってキャッシュカードを直接受け取る等の手口で、事後ATMから引き出された金額を加えた実質的な被害総額)と振り込め詐欺以外の特殊詐欺約184億円を合わせて約559億円となっているとのことでした。
平成26年だけで559億円もの被害が出ていて、しかも毎年増加傾向にあるそうです。

「特殊詐欺」って?
オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺等の「振り込め詐欺」に加えて、近年増加傾向にある金融商品等取引名目の詐欺、ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺、異性との交際あっせん名目の詐欺、それ以外の特殊詐欺の8類型の総称です。

こちらのコラムでは、様々な特殊詐欺の特徴や対処法をご紹介させていただきます。
孫子の教えに「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」とありますが、特殊詐欺被害を未然に防ぐには「詐欺業者がどんな手段や方法でアプローチしてくるのか?」また「実際にトラブルに巻き込まれた際に、どう対処すればよいのか?」を知る事がとても大切でしょう。

〜時事ネタに便乗した特殊詐欺 その4〜
東日本大震災に便乗した義援金詐欺にご注意!
《実際の被害例》
東日本大震災の復興支援という皆様の善意を踏みにじるような被害例があるそうです。
◇被害例その1◇
役所職員を装った男が被害者宅を訪問し募金を求められたので払ってしまった
◇被害例その2◇
実在する団体の名称を詐称した詐欺業者から「災害支援基金への寄付をお願いします。」等という文面のFAXが届き、本物の団体が設けた本当の募金振り込み口座とは異なる、個人名の口座に振り込んでしまった
◇被害例その3◇
役所職員を装った男から電話があり「被災地に義援金を送る活動をしています。支払方法は振り込みですのでご協力ください」等と言われたので、個人名の口座に振り込んでしまった

《対処方法》
対処ポイントは「相手をよく確認!」です。
公的な機関や団体は電話勧誘・訪問勧誘を行いません。
実在する団体等と同じ名称を名乗った場合でも、詐称している可能性があるので、当該団体がテレビ・ラジオ・新聞等で公表している口座番号・名義と同一であるかを確認するなど、本当にその団体による募金なのかどうか、信用できる団体なのかを十分に確認するべきでしょう。

弊社概要

東京都公安委員会届出済み正規業者
東京都公安委員会 第30140087号
ネットのトラブル駆け込み寺
探偵社タイム
TEL 0120-753-733
11:00〜21:00

東京都練馬区中村北1-13-13 3F
詳細地図はこちら
ホームページはこちら
探偵.COMページはこちら
Privacy policy
個人情報保護方針


情報提供のお願い

ネットのトラブル駆け込み寺では皆様からの情報提供もお願いしております。
ご提供いただいた情報は、弊社にて調査を行った後に注意喚起記事として掲載する場合がありますが、注意喚起以外の目的で利用することはありません。
ここで提供された情報を他のかたと共有することで、少しでも被害を未然に防止できればと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。

お電話でのお問い合わせはこちら

 

電話問い合わせ
11:00〜21:00

メールでのお問い合わせはこちら

 

メール問い合わせ
お問い合わせフォームは24時間365日受付!

一覧を表示